カジュアルファッションは素材で選ぶ

春夏の服だと、スーツに使われるようなサマーウールよりもコットンやリネンを使った服の方が
カジュアルに見えますし、秋冬の服だと遊び心を感じさせるレザー素材にチャレンジしてみるのも、
大人っぽくて可愛いカジュアルにはいいかもしれないなって思っています。

なにより、カジュアルはカジュアルでも、私が目指すのは「大人可愛い」カジュアルですから、
素材そのものが上質であることは必要不可欠。触ったときに柔らかいと感じ、手にしたときに
軽いと感じる、着ていても気持ちが良い素材の服を選びたいものです。

上質で柔らかいカシミア素材のニットやヤギ革のパンツ、丁寧に織られた
ツイード素材のスカートなどの着こなしにも憧れます。

なんでもブランド物を買う必要はありませんが、29歳前後で素材があまりよくない
服を合わせてカジュアルな装いをしていると、一気に安っぽく見えてしまうので注意が必要です。

自由区はシンプルながら上質なアイテムで、大人の女性たちに支持されています。
まさにこの項目にうってつけのブランドといえるかもしれません。
自由区

また、淡色コーディネートはぼやけた印象になってしまいがちなので、
ウールにはレザーを合わせるといったように表情の異なる素材で遊ぶと、
洗練されたカジュアルに仕上がると思います。

 

2017年10月
     
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031